English  |  正體中文  |  简体中文  |  全文筆數/總筆數 : 71578/104447 (69%)
造訪人次 : 19158593      線上人數 : 347
RC Version 6.0 © Powered By DSPACE, MIT. Enhanced by NTU Library IR team.
搜尋範圍 查詢小技巧:
  • 您可在西文檢索詞彙前後加上"雙引號",以獲取較精準的檢索結果
  • 若欲以作者姓名搜尋,建議至進階搜尋限定作者欄位,可獲得較完整資料
  • 進階搜尋
    請使用永久網址來引用或連結此文件: http://nccur.lib.nccu.edu.tw/handle/140.119/80336


    題名: 台湾・東南地域の「原住民」統治と沖縄・八重山統治の比較研究―田代安定の「旧慣」調査に基づく政策形成を軸に―
    作者: 大浜郁子
    貢獻者: 原住民族研究中心
    關鍵詞: 田代安定;「旧慣」調査;八重山;台湾島東南海岸管理庁
    日期: 2014-10-12
    上傳時間: 2016-01-04 17:07:24 (UTC+8)
    摘要: 本報告は、近代日本の「内国(国内)」植民地と称されてきた沖縄と、最初の「外地」植民地である台湾の統治政策を比較することが目的である。具体的には、沖縄と台湾における「旧慣」調査に基づく統治政策の形成を軸に比較を行うが、特に2004年に台湾大学で発見された「田代文庫」に収蔵される両地域に関する「旧慣」調査資料を分析対象とする。 「田代文庫」とは、1880年代から1920年代にかけて、沖縄と台湾において「旧慣」調査を行った官僚、田代安定(たしろ やすさだ:1857-1928)が遺した資料群である。申請者は、約7年前から、「田代文庫」に収蔵される沖縄に関する資料調査を進め、同文庫の沖縄関係資料の完全版の目録作成と全文翻刻に取り組んでいる。本報告では、こうした調査の成果の一端を紹介するとともに、田代による沖縄と台湾の両地域における「旧慣」調査資料に基づく統治政策の形成について論じたい。(すでに申請者は、関連する論考として「田代安定にみる恒春と八重山―「牡丹社事件」と熱帯植物殖育場設置の関連を中心に―」、2013年、『民族學界』を発表している)。 本報告では、田代が、明治政府や政府高官らへ提出した、沖縄・八重山諸島に関する統治政策についての建議書(「八重山諸島創業意見緒言」や「八重山群島急務意見書」など)と、台湾・東南海岸地域に関する統治、特に「原住民」統治に関する、政策についての意見書(「台湾島東南海岸管理庁設置ノ件」)を考察する。田代の「旧慣」調査を通して、近代日本の沖縄・八重山諸島への統治と台湾・東南海岸地域の「原住民」統治の政策形成の連関を明らかにすることができると考えている。こうした考察は、近代日本による「国内(内国)植民地」・沖縄と最初の「外地」植民地・台湾の統治政策の比較においても意義あるものとなるであろう。
    關聯: 第七回台日原住民族硏究論壇
    主辦單位: 政大原住民族研究中心主辦
    舉辦日期:2014.10.12
    資料類型: conference
    顯示於類別:[2014第七回台日原住民族硏究論壇] 會議論文

    文件中的檔案:

    檔案 描述 大小格式瀏覽次數
    9.pdf707KbAdobe PDF314檢視/開啟


    在政大典藏中所有的資料項目都受到原著作權保護.


    社群 sharing

    著作權政策宣告
    1.本網站之數位內容為國立政治大學所收錄之機構典藏,無償提供學術研究與公眾教育等公益性使用,惟仍請適度,合理使用本網站之內容,以尊重著作權人之權益。商業上之利用,則請先取得著作權人之授權。
    2.本網站之製作,已盡力防止侵害著作權人之權益,如仍發現本網站之數位內容有侵害著作權人權益情事者,請權利人通知本網站維護人員(nccur@nccu.edu.tw),維護人員將立即採取移除該數位著作等補救措施。
    DSpace Software Copyright © 2002-2004  MIT &  Hewlett-Packard  /   Enhanced by   NTU Library IR team Copyright ©   - 回饋